logo

  • tel
  • insta
  • blog
  • fb

h201

h301 sp_h301

多くのお客様にとって、家は一生に一度の一番高価な買い物になります。
結婚して、いや結婚前からかもしれない家づくりのためにコツコツと貯めたお金をこれから家族が幸せになるために
マイホームを建て35年ものローンを背負い払っていく決心をされていく大変な一大事業かと想います。
そんな大変な一大事業を愛するご家族が幸せな暮らしができることを期待し数多くの建築会社の中から「四季彩ひだまり工房」を信じて
選んでくださったお客様に私たちは“笑顔”になっていただけますよう、皆で共有する“志”を持っています。

一つ目は、判断基準の念頭にあるものは「お客様の笑顔のため」です。
「お客様が大変な思いをされて作られた家づくりのお金」この大切なお金で私たちは建築資材を購入し
職人たちも家の細部にわたり丁寧に創り込む仕事に従事出来ます。

家というのは工事が始まり更地の状態から土地を堀り、基礎を作り、その上に骨組みを組み上げ、外装と内装と仕事が進んでいきます。
まるで人が成長していくように、現場も生きているかのように姿を変えます。仕上るにつれ見えなくなる部位が増えていく中で
「どうすればいいか」と判断をつかさどるタイミングがでてきます。そんな時にお客様より大切なお金を預かり、
また託された者として一番に想い考えることは「これならお客様が満足いくんだろうな」という一点です。
それがお客様に対してまごころがこもった仕事と私たちは想い、その志を皆で持って共有し行動しております。

二つ目は家づくりを任せていただけたことの私たちの存在価値です。
家づくりという一大事業を思いたった時に、お客様は色々なご期待・ご要望・不安などが思い起こされると思います。
私たちが存在している理由は、そんなお客様から期待感をもってこの会社は「話しやすそうであたたかそう」「何かやってくれるんだろうなぁ」という
気持ちでお声掛けいただけることを志しております。

家づくりのイメージとか、飾り棚とか収納とか...。色々な「やりたい」といっぱい話をして、
ひとつの糸口から想像を形にしていく楽しい笑顔あふれるお打ち合わせができる会社でありたいと想います。
また、品質の高い建築は当然の事でその建築、すなわち家づくりの最初の一歩から完成して涙ぐむ引き渡し式までも、
ひとつひとつのイベントを想い出に残るように結婚式と同じぐらいのイベントになるように考えます。

数多くの建築会社の中から一大決心をして勇気を出して私共にお声掛けいただいた
お客様のそれまでのストーリーを想い「頼んで良かったな」といわれるような徳をとっていただき、
その徳の少しを分けていただき私たちは歩んで行きます。

ph01

name01
1970年、浜松市生まれ。1989年、父親が代表を務める高田鉄骨に入社。
2005年、「高田工務店」に名義変更すると同時に社長に就任。2007年、新築住宅部門の「四季彩ひだまり工房」設立。
2017年、大久保町に初のモデルハウスをオープンした。二女の父。

「家を建てよう!」と決めた瞬間から、あなた様とご家族の生活は、夢、緊張、不安感今までにない体験を感じられ ることになります。私は、最初の出会いから夢が詰まった間取りづくり、形が出来てきて実感がわく施工、感動の 引き渡し、長いお付き合いのアフター訪問。すべての家づくりにおいて、時には息子、時にはお兄さん、時にはコンシェルジュのように共に笑い、共に感動の涙を流し、家づくりのかけがえのない時間を一緒に過ごす、そこから出てくる安心と信頼が幸せな笑顔をかもし出すと考えます。私たちは、笑顔をコンセプトにかかげます。

rimen01sp_rinen

huki

huki

f_tel

  • f_btn01
  • f_btn02

f_tel

pagetop

fix_btn01

fix_btn02

fix_btn03

fix_btn03