logo

  • tel
  • insta
  • blog
  • fb

施工例midasi07

Y様邸

外観

モダンなテイストを好むご主人の希望で外観は黒ベース

*

【こだわりポイント】

忙しい平日は家事動線に感謝!休日はゆっくりくつろげる空間に

【プランニングポイント】

キッチンの真横に畳スペース 子どもの様子がすぐわかる

階段下スペースを活用した大容量リビング収納が味方

【お施主様の声】

子どもが生まれ、育児をする中で

「隣近所への気遣いや、逆に周囲の生活音」が気になりだして、

自分たちの一軒家を求めて土地探しを始めました。

『遠州バザール』で出会い、家事動線を大切にする設計の自由度、

モデルハウスのデザインや素材使い、良心的なコストに惹かれました。

高田さんの人柄も魅力!

土地探しから親身になってくださり、要望に対する提案も的確で、

納得するまで20回以上図面を直してくださって。

アフターフォローも丁寧で安心です。

*

①①キッチンを軸に、室内干しや収納を兼ねるユーティリティ、浴室、リビングを回遊できる。

共働き夫婦の平日は忙しいけれど、24時間換気システムの力も加わり、

洗濯物は夜干せば朝乾くから便利。

短い家事動線や子どもに目が届くレイアウトも魅力。

②日当たりのいいキッチン横に小上がりの畳コーナーを設置。

奥さまが料理をしながら、長女が遊ぶ姿を見守ることができる。

「ママ友親子が遊びに来ると、キッチン横に小さなテーブルを置いて子ども用食卓に。

食後は畳で遊ぶ姿を見つつ、ママはダイニングでおしゃべりします」と奥さま。

*

②③畳の下には引き出し収納があり、お昼寝布団やおもちゃが入る。

④奥さま用カウンターは壁に鉄板を仕込み、マグネットでプリントをペタペタ。

⑤リビングの中心にある扉を開けると、階段下の隙間を活かしたクローゼットが。

「高田社長からの提案で造ってくださいました。

使ってみると、オムツやトイレットペーパーなどの消耗品をたっぷりしまえて便利。

片付けも簡単です」とお二人。

おかげでLDKはすっきりと美しい。

*

③⑥⑦床や家具は落ち着いた色合い。TVの左にある扉を開けると階段へ。

⑧洗濯機と収納を備えるユーティリティを、キッチン裏に配置。

平日夜の室内干しスペースとしても十分な広さを確保。

休日は外に干すため、ウッドデッキを連結した。

*

④⑨リビングから直接出ることができるウッドデッキ。

日向ぼっこやプールを楽しむほか、飛んだり踊ったり、ステージのようにして遊ぶことも。

⑩ベビーカーを置いても広々とした玄関。

シューズクロークへ続くアール型の垂れ壁がかわいい。

奥に見える黒いドアは、ご主人の書斎。

⑪ご主人の趣味は海釣り。夜中帰宅した時に家族を起こさず、

濡れた道具類を収納しやすいように、玄関近くに書斎を設計。

*

⑤⑫玄関すぐの書斎は2.5畳。ここで釣竿の手入れをすることも。

⑬子ども室の色使いがかわいらしい。将来的に間仕切して二部屋に。

収納は扉を省いて、開放感を重視。整理整頓を促す。

*

⑥

⑭⑮9畳の主寝室とウォークインクローゼットは、

扉を開けても収納の内部や室内が見えないプライベート設計。

< 戻る

huki

huki

f_tel

  • f_btn01
  • f_btn02

f_tel

pagetop

fix_btn01

fix_btn02

fix_btn03

fix_btn03