logo

  • tel
  • insta
  • blog
  • fb

施工例midasi07

S様邸

210327_高田工務店_47

*

1.黒いガルバの外壁と片流れ屋根がスタイリッシュ。

*

二世帯家族と猫の穏やかな日常の暮らし

長男夫婦と同居するにあたり二世帯住宅に建て替えたS様。

「人生を90年と考えたときに、もっと心地いい暮らしができたら幸せだなと思っていたところでした」。

花木に関わる仕事をするご主人と、とにかく花が大好きな奥様。ガーデニングで玄関を彩るだけでなく、

家の中はグリーンやドライフラワーを飾り、クロスやカーテンにも花柄を選んで、

花に囲まれた生活を送っている。

そこに、そろりそろりと現れるのが家族を癒す3匹の猫たちだ。

日当たりのいいリビング、長女の部屋がお気に入りのようで気ままに動き回り、ときにはイタズラも。

もしかしたら、居心地のよさを誰よりも感じているのかもしれない。

*

S様邸は左右分離型で、2戸の家族を連結させたような二世帯住宅。

独立した間取りで一番気に入ったのが生活音だという。

そのため、それぞれ1階に設けたLDKを対角に配置しているのが特徴だ。

親世帯、子世帯のプライバシーを配慮し、

適度に寄り添い合うことができる間取りの提案に家族全員が納得し、

「四季彩ひだまり工房」への依頼が決まった。

また、白を基調とした明るくナチュラルな雰囲気の親世帯とはうって変わって、

子世帯はダークな木目にシックなクロスをチョイスした落ち着いた雰囲気。

「好きなものに囲まれてのんびりするのが一番」とお気に入りのソファで本を読んだり、お茶をしたり、夫婦でまったり。

そのうえ、自他ともに認めるコレクターの長男は、隠れ家までしっかり確保。

おのおのが自分時間を満喫している。

*

写真②

2.お気に入りの空間で落ち着いて読書をする至福の時間

*

写真③、④

3.優しい質感の素材や緑に囲まれ猫も快適4⃣自然光たっぷりの親世帯のLDK。明るい木目や梁がご主人のお好み

*

写真⑤

5.壁・床・家具。子世帯の住まいは「色の配置と統一感」にこだわった。さらに無機質なテイストと植物の組み合わせがカッコよさを演出

*

「好き」と自然に囲まれ

心が満たされる

写真⑥

6.2畳の書斎は長男の「秘密基地」

*

写真⑦

7.子世帯の2階ホールに設けた手洗い場。好きなカラーのボウルと添えられた花に癒される

*

写真⑧、⑨

8.9香りもインテリアも「好き」を集めた

*

写真⑩、⑪、⑫

10.使い勝手もデザインもグッドなクローゼット

11.場所ごとに雰囲気のあるディスプレイを

12.季節の花が出迎えてくれる玄関

*

< 戻る

huki

huki

f_tel

  • f_btn01
  • f_btn02

f_tel

pagetop

fix_btn01

fix_btn02

fix_btn03

fix_btn03