logo

  • tel
  • insta
  • blog
  • fb

笑顔の思い出midasi03

笑顔の思い出

笑顔の思い出

四季彩ひだまり工房では、お客様のご要望により、家が上棟を向かえたあと、家の中の大きい無垢の梁にお客様のわが家への想いを受け止めてもらうよう、手形式を行っております。

一生に一度とも言われる家づくりの中で、お客様自身の住まいにおいて、快適で暮らすための基本構造である骨組を工事が進んで隠れていく前に、目で見て知っていただき、手で触れて、そして家の中で私たちと共に骨組みについて話合い「安心して住める家」を確認していただいております。

幸せな気持ちで笑顔消費される家ではなく、愛着をもって受け継がれていく住まい。
お客様と四季彩ひだまり工房が和み、楽しんで開催する手形式はとても幸せな気持ちで笑顔がいっぱいのイベントになります。
「字がとても上手いですね~!」
「そんなに大きく書くと僕らが入らないじゃ~ん!」
などなど、家づくりの想い出の1つとして楽しい1日が過ぎていきます。

想い出 工事が進んでいくにつれ、その日の想い出が天井裏に納まっていき、さびしさと同時に、実際に住む間取りのカタチが見える楽しさが湧いてきます。
私達、四季彩ひだまり工房は、家づくりのプロセスを楽しみ、家族の想いを一つにする時間をゆっくりもつ事こそ、家づくりに大切な目的だと考えています。

引き渡し式

お客様と、私たち四季彩ひだまり工房との出逢いより、何度か見学会などにも足を運んでいただき、そこでの会話の中から私たちの家づくりに関しての考え方にご理解いただいて、家づくりに参加させていただき、夢が詰まった間取りづくり、無理のない資金計画、カタチが出来てきて実感が湧く施工を経て、めでたく完成引き渡しを迎えます。

地鎮祭の想い出、上棟式の楽しかったこと、手形式のイベント、更には、外装、内装、キッチンなどの色柄決めの際の楽しかったことを想い起こしながら、感動の引渡し式を行います。

晴れやかな気持ちで引き渡しされてからも、ご家族の皆さまは楽しく過ごされることと思いますが、
将来、子供達が心豊かに育っていき、この立派な家で、家族の喜びや暖かさや思い出づくりを、創っていただきたく、また、日々の幸せ感を十二分に、味わっていただきたく思っています。

家づくりが完成すると、この引渡しの日を迎えるわけですが、お客様と私たち四季彩ひだまり工房とのお付き合いは、これからの方がずっと深まっていくでしょうし、そうありたいと思っています。

私達、四季彩ひだまり工房は、すべての建築させていただいたお客様の住まいにおいて、主治医としての一生のお付き合いをさせていただきたいとの想いで家づくりをしております。

huki

huki

f_tel

  • f_btn01
  • f_btn02

f_tel

pagetop

fix_btn01

fix_btn02