logo

  • tel
  • insta
  • blog
  • fb

イベント情報midasi05

大家族団らんの家 完成見学会開催!!

このイベントは終了しました

2018.01.27[sat]- 2018.01.28[sun]

※建替えや二世帯住宅を希望されている方は必見の見学会です!

住み慣れた我が家に、ありがとう。

支えてくれた家族に、ありがとう。

小さい頃は、家は自分のために建てると思っていました。でも、

実際は支えてくれる家族の笑顔を見たくて・・・

~地震に強い制震ダンパー、温度差が少ない快適空間、光熱費を抑えるゼロエネ住宅、

快適な家を理屈じゃなくて体感して欲しい、、、

そんなおうちを大公開~

W様邸

~完成見学会のお知らせ~ 2日間限定

日程:2018年1月27日()・28日(

場所:浜松市西区大久保町


こんにちは。四季彩 ひだまり工房 高田工務店の高田です。

また一つ、素晴らしい家族、素晴らしい家づくりに

出会うことが出来ましたので、特別にご案内いたします。

今回は、

「農家専用住宅の場合、手続きが・・・」

「住み慣れた旧家(本格和室)を残していきたい・・・」

「ただ、何よりもいずれ2世帯、3世帯の家族が

いつもの家族団らんを楽しめる家にしたい・・・」

とお考えの方は、ぜひ体感してください。

今回のお施主様、W様の家づくり物語を少しだけ、ご紹介させて頂こうと思います。

W様ご家族は、いつも優しい笑顔のご夫婦と、娘夫婦がいずれ住んでくれることもあり、

将来的には、お母様も含めて7人家族で住まう家となりました。


高田さんのところで家を建てるならいくら位なの??

御施主様と僕の両親が仲の良い友人という事で、

「高田さんのところで家を建てるならいくら位なの?」

と奥様からお声掛けをいただいたのがきっかけでした。

IMG_3748

お電話をして、ご自宅に伺いお話を聞いたところ、すでに大手ハウスメーカー3社ほどと話をしている状況でした。

今回のW様の家づくりは市街化調整区域の農地に農家専用住宅を建築するということになっており、

通常の建築申請より数段条件が厳しいため、建てられる条件について

各メーカーの担当営業さんごとに全然違う話をされていくので、W様がずいぶん内気に悩まれていました。

初めてお会いしてお話をした時に、その悩みを打ち明けられました。

僕は同じ地域に腰を据えて建築業を長年務めていますので、同じ様なケースが多数あり、

そのケースに当てはまる家づくりをされたお客様の経験と、

その時のエピソードやお客様の想い出をお話させていただきました。


農地の許可準備や、土地家屋調査士との連携で解決

土地家屋調査士

相変わらずの僕の話しやすい人柄によりすぐに打ち解けられて、たくさんのご期待やご要望が一気に流れだしました。

そして、土地家屋調査士と同行したり、農地の許可の準備など、それからの対応が大変でしたが信頼をすごく頂けたと思います。

そういう対応が大手ハウスメーカーの営業さんと違うところだと感じて頂きました。

実際、御施主様が望まれていた住宅仕様はゼロエネ住宅で、

今回はライフラインの私道が長いのでそのやり替えもあるため、総予算が大きい金額となりましたが、

3社のメーカーさんの金額と比べ600万円程安く、僕たちの方が家の仕様も良い、というところでも差が開きました。


W様邸

長年住んだ旧家の思い出と共に、快適な住まいを実現

代々、受け継がれていく農家のW様が「自分の代で今の旧家から新しい家に建て直したい」

とおっしゃられていました。理由として、今の旧家屋は崖沿いに建っているので、

孫達が来た時も安全に遊べるよう、そして自分たちも安心して暮らしたい、といった意志を持たれた家づくりでした。

しかも、今回は長女の若夫婦と同居予定で、二世帯住宅での家づくりとなりましたが、

そのご夫婦が現在、お仕事で名古屋に住んでいるということもあり、同居を将来的にするという形で計画が進みました。

家族が集まるって、素晴らしいですよね。

ですから、間取りは完全に二世帯ですが、2階の浴室は配管設備などのみにしておき、

若夫婦が同居する際最新の物を導入するという考えになっております。(とりあえず今は納戸にしてあります。)


可変性のある29.5帖の大空間と本格和室

 

今回は代々受け継がれてきた本家の建て替えという事もあり、和室は座敷として昔ながらの真壁という本格和室を造り、

人寄せがあっても大丈夫なように、座敷とリビング、ダイニングキッチンがスライド建具の開閉で繋がるようになっております。

すべてをひと部屋に繋げると29.5帖の大空間が広がる形となります。

本家の建て替えという事もありお持ちになられている家財も多く、リビングには据付のTV台家具、

ダイニングキッチンには薬箱や日用品、見た新聞紙などを収納するよう家具を造作にて据え付ける様に設計しました。

1階にお父様お母様の主寝室を設け、そこには元々手持ちで持たれていたタンスを地震でも転倒しない様にすっぽり収まる様に設計。

クローゼット・ふとん入れなども容量が入るようにヒアリングをしながら決めていきました。

あまり日常生活の音がしない、廊下の一番奥側には旦那様の書斎を設け、

農業の収支や仕事の事務などができるプライベートの空間が設けてあります。

今回は二世帯住宅ですので、1階に親世帯、2階に子世帯と、世帯別の季節物が溜まるため、

階段を昇ってすぐに、収納室ロフトを1階屋根裏を利用して設置しました。

これは、両世帯共有で使うことが出来るので、とても便利です。


新築のテーマは、「いつもの楽しい家族団らん」

もともと旦那様が思い描いた、方眼紙に描かれた間取り図があり、それを基軸にご要望を追加して間取りを修正していきました。

リビングと和室は来客が多いのでそれも配慮。

ダイニングキッチンは、女性陣が集って対応できるようにということと、

お子様がお嬢様2人なので、いずれみんなで立てるよう壁廻りに大きく設置したことも団らんのポイントに。

和久田様 内観3

また、1階の南面には、親戚等が集まる時にはLDKと和室を開放的に出来るようにしたい。

そして、一つ一つの空間にできるようにもしていきたい。と、用途によって空間を自由に変えられるように三枚の引き込み戸を設けました。

和久田様 内観

和室に関しては、廊下の幅を広くとり生活しやすいように計画し、真壁の和室を設けることによって、和のテイストの空間を実現。

明るい空間になるような暖色使いの空間にしました。

とくに、真壁仕様で、天井を杉板の目透かしにすること、床の間を二段床にすることで、旧家の雰囲気を再現しました。

主寝室や書斎は、静かで落ち着いた空間になるように東西に伸びる廊下を挟んで、北側のスペースに配置しました。

そして、今まで使ってきた旧家の使い勝手をある程度移して設計。

おばばちゃまの部屋は今まであるタンスをどこに収めるかを悩みながらなんとかまとまりました。

でもお打合せの中心は「いつもの家族団らん」を新しい家でも楽しくしたい!でした。

旦那様の書斎を静かで落ち着いた空間になるように東西に伸びる廊下を挟んで、北側のスペースに配置しました。

 

階段のスペースを有効活用するために階段の下にトイレを配置。

また、各個人がプライベートのある部屋を設けたいという事で、部屋は少なくとも6帖の大きさを確保した造りとしました。

勝手口をキッチンのすぐ近くに設け、家庭ごみをすぐに外に出せるように計画したことも、小さいことですが、使い勝手のよさが抜群です。


W様との出会いに感謝、感謝!

これから、この家で始まるW様ご家族の物語は、きっと笑顔と幸せに溢れたものになることを確信しています。

マイホームの相談役として、これからもずっとW様ご家族と携わっていけることが楽しみであると同時に、

W様ご家族との出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。

上棟式の際に旦那様にご挨拶をいただきましたが、

「今までお世話になった高田工務店さん、土地家屋調査士の先生。更には大工の井嶋さんはじめ携わる職人さんに感動しています。

本当に、高田さんひだまり工房に頼んでよかった。ありがとうございます。」

と最高に嬉しいお言葉をいただいております。

W様は、農業をやられているので打合せの度に、取れた野菜や果物をいただきました。とても新鮮で家族で美味しくいただきました!

あと、打合せは、13時スタートが多かったのですが、最初はその日の出来事から始まり30分はお話。

それから本題に入るのですが、夕方の17時を回ることがしばしば。

16時ぐらいになると14歳?の大型犬のレオン君がワンワン・・・。気を利かして下のお嬢様が散歩に行って・・・。

という毎回の打合せでしたね。ワンワンが始まるともう夕方なんだという、お知らせが印象的でした。笑。


今回の完成見学会に参加すると、次のようなポイントがわかります!

☆何から進めれば良いのか?が分かります

☆二世帯住宅の創り方の秘訣が分かります!注意すべきポイントは3つあるんです!

☆長期優良住宅ってなに?メリット・デメリットは?

☆家の中で熱が伝わる2つの大事なところは?

☆制震ダンパーは付くと何が違うの?

☆温度差が少ない快適空間にするのはどうすればいいの?

☆知らないと損する!家づくりのタイミングとは?資金計画とは?

などなど、家族の団らんを重視したW様の二世帯住宅に触れてみてください。勉強になるポイントが盛りだくさん!

今回は特別に2日間だけお借りすることが出来ました。

 

この場を借りて、お礼を申し上げます。「W様ありがとうございました!」

体感するだけだったら、無料ですから、

住まいづくりの悩みを解決したい方は、ぜひこの住まいと私たちスタッフに触れてみてください!

おたのしみにp(^_^)q

では、いつも通り、最後にお約束です!

お約束のないお電話や訪問は一切いたしませんので、安心して見学会にご参加くださいね。

見学も、お客様に自由にご覧いただけるスタイルをとっております。

説明が欲しいな~と思われたら、いつでもお気軽にお声をかけてください!


『大家族団らんの家』 完成見学会 概要

日 程:1月27日()・28日()

時 間:両日共に 10:00~17:00 

場 所:静岡県浜松市西区大久保町

連絡先:四季彩 ひだまり工房 高田工務店 053-596-3900

※キッズルームもご用意しておりますので、安心して見学することができます。

※当日、見学会場がわからない、道に迷った等、お困りのことがあれば、

  携帯(高田:090-1621-4166)まで遠慮なくご連絡下さい。


2・3月のイベント情報

 

 

< 戻る

huki

huki

f_tel

  • f_btn01
  • f_btn02

f_tel

pagetop

fix_btn01

fix_btn02