logo

  • tel
  • insta
  • blog
  • fb

イベント情報midasi05

『奥様の大好きselectが詰まった ガルバのかっこいい家』

このイベントは終了しました

2018.10.06[sat]- 2018.10.07[sun]

富田様②

※大手ハウスメーカーでは実現できない・・・住まいづくりを諦めかけた方は必見です。

叶わない夢はない!!お子様第一のご夫婦が実現した

『奥様大好きselectが詰まった

ガルバのかっこいい家』

~家族の絆を感じられる住まいが完成!絆を強くするコツをご紹介~


~完成見学会のお知らせ~

「特別2日間限定」

日程:2018年10月6日()・7日()

場所:浜松市東区小池町


こんにちは! ひだまり工房の高田です。

今回の見学会としてご紹介するT様のお住まいは、代々続いてきた大切な土地に家族の大好きやこだわりをたっぷり込めて造った子育て世代の新築住宅。

大手ハウスメーカーでは実現できない、ライフスタイルを重視しながら、あたたかい想いや絆をカタチにした、魅力たっぷりの家です!

今回は、

「こだわりが沢山あるけど、大手ハウスメーカーだと取り扱ってくれない・・・」

「かわいい家って憧れるなぁ・・・」

「でも、快適性はもちろんのこと、奥様目線で提案して欲しいなぁ・・・」

とお考えの方には、ぜひ体感して頂きたいと思います。


年一回の住宅イベント「遠州バザール」にて

T様との初めての出逢いは、平成29年の秋に地域の住宅地産地消イベントの遠州バザールが

きっかけでした。

参加者は、受付で30社程の工務店ブースの中から、3社程を推奨されて、

その工務店ブースに訪れる形となります。

その中の1社ということで出逢いをいただきました。

その時の事を振り返ってお話しますと、ご来場のお客様は、ご夫婦で相談に来られる方が多いのですが、当日は旦那様がお仕事ということで奥様お一人でご来場されました。

遠州バザールではよく見る光景ですが、T様の奥様も背中に小さいお嬢様をしっかりと背負って

「これから行くぞ!」という感じで僕の正面にお座りになられました。

スクリーンショット(2017-10-30s16_48_16)


要望はあるけど、実現するにはどうすれば・・・

初対面で緊張された面持ちながら、淡々とご要望をお話されて帰られた印象がありました。

その時は家づくりでの期待やご要望というよりも、T様が建てようと思っている敷地で建てる事が

出来るかの不安が大きくて、1時間ぐらいの会話の中の大半をその話に費やしました。

奥様は事前にいろいろとお調べになられていたようで、今回のご実家の土地に建築をすることに

おいても、頼りにしていたお父様のお知り合いの土地家屋調査士の先生にいろいろ相談を

されていたようです。

難しい専門用語を並べられ、条件をたくさん言われて、

お父様にもお金のかかる注文を出されて親子間でもギクシャク。

挙句の果てに「建てられないかも・・・」と回答されて、とても深刻に悩まれておられました。

そんな悩みや不安を僕に話すために来られたように感じました。

スクリーンショット(2017-10-30s16_47_43)


経験があるからこそ、どんな要望も対応します

僕もこの建築業界に28年ほど従事していますし、もともと会社のある浜松市西区は畑が多く、

市街化調整区域の建築許可などは沢山の事案を経験して参りました。

そんな経験の中でこのお話をお聞きしたので、過去の物件と重なる事が多く

「ここはこんな形ですね。」とか「大丈夫ですよ。調べますね。」などお話をしていくにつれ、

お心持ちが軽くなりホッとされた顔になってこられました。

安心された顔を見つつ、不安がなくなって良かったと思うと共に、

責任が重く感じました。

家づくりは楽しい一大イベントですが、多くのお客様は一生に何回も経験がなく初めての事で

不安や悩みもいっぱいある中のことなので、僕たちは家づくりのプロとして

お客様のあらゆる想いに応えないといけないな、と感じました。


敷地に合わせたプランに工夫を持たせる

T様の家づくりは、昭和49年に平屋で建てられているご実家の北側の敷地が空いていて、

そこに4人家族の新しい住まいを建てる計画でした。

当初から娘様とお父様という関係性もあり、お父様のご意見も加味しつつご要望にお応えする

感じでした。(僕も娘が家を建てるということになったら…お父様のお気持ちがわかります。)

そんな中、いくら平屋であっても今回の建築地はご実家のすぐ北側になるので、

陽当りや風通しがT様の一番の不安でもありご要望でした。

敷地に合わせて南北に若干長めで、東の採光を有効に取ったプランや、

リビングを少し窪ませて距離を取って採光を入れるプランなど

何パターンか基本の間取りを作成しました。

そんなとき、奥様がとても器用なお方で、方眼紙でのラフな間取り図を

縮尺を合わせながらお持ちいただき、それを見ながらプロの目で見た手直しを

させていただきながら、またご心配な点の陽当りや風通しを検証しながら、

今回の間取りプランに完成されていかれました。

 

 

駐車場もお父様との共有スペースとなりますので、

お父様から注文されたいつもの所定の駐車スペースも確保しつつ、

車の切替しが容易に出来て、4台置けられるスペースを実現しました。

駐車場は新築建物の西側になるのであまり広く取ってしまうと東側の陽当りにも影響するので、

T様にも現地を確認していただきながら進めてまいりました。

IMG_3748


本音で話し合ったからこそ絆が生まれる

上棟式の時、乾杯まで終わってご家族様が集まったふとした瞬間、奥様のお姉様が

「よかったね~。家が建ったもんね~。一時は建てられないって喧嘩もしていたもんね。」

と言われた奥様が涙を流されていた隣で、

そのご家族の中の和に入っていた時間がとても印象深いです。

これからここで一つ一つの家族が大きな家族の和になっていくんだな、と実感しました。


T様のこだわりをちょっとだけご紹介します

延べ床面積32坪の家に対して比較的広めの玄関を入ります。

隣の1.5帖のシューズインクローゼットには、防災用品を常に置いておく棚スペースと、

冬のコートなどが掛けれるようなハンガーパイプ。

家族4人のうち3人が女性なので大容量の靴に対応出来るシューズクロークを作りました。

シューズインクローゼット

 

リビングは9帖と家族みんなが集えるくつろぎスペース。

そこを中心にダイニングとキッチンを東側に設計。

キッチンは北にあるシステムバスと2帖分ある洗面脱衣室のすぐ南側にして家事楽動線にしました。

LDK2-2

LDK3-2

2階に上がると直線動線で5帖の広々ホールへ。

ホールには予め取付している物干し用のお洒落なアイアンレールがあり、

そこに室内干しが出来ますし、良い天気ならそこでセッティングして

ダイレクトにバルコニーに出して干すことも出来ます。

アイアンハンガーパイプ

リビングの西側には5.2帖の奥様のプライベートなお部屋があり、

一人一人の衣裳や小物など収納出来る様に。

また、家事が集中する1階に設けた事で「・・・しながら。」が出来る部屋になりました。

プライベートスペース

子ども部屋は5.2帖ずつを、最初は間仕切無しで10.4帖使いにしてあります。

僕の子供達もそうですが・・・。女の子が2人なので年ごろになるまでは

共有にしておいた方がいろいろな使い方があって有効ですね。

2人の机と収納棚は部屋の東側壁に予め造作家具として据付しました。

クローゼットはあえて収納扉を無くしてクローゼットの背面にアクセントクロス

で主張させてありますので部屋の中にちょっとした個性が生まれます。

子ども部屋 仕切り無し

クローゼット アクセントクロス

 


 

今回の完成見学会に参加すると、

次のようなポイントがわかりますのでご期待下さい!

★奥様目線の家事動線の3つの秘訣とは?

★のびのび育つ間取りに共通する5つの設計ポイントとは?

★設計アイデア次第で収納量が1.5倍になる秘訣とは?

★等身大のインダストリアルデザイン事例を紹介

★アパートで子育てをしていて腰痛になってしまった奥様の為の、腰痛が治る間取りとは?

★不動産屋さんが教えてくれない土地の見極め方とは?

★銀行マンが教えてくれない住宅ローンの選び方とは?

★大手ハウスメーカーと地場工務店のメリット・デメリット

★坪単価表示と、総額表示。これって何が違うの?

★建て替えとリフォームどっちがお得?

などなど、共働き夫婦ならではのアイデアが満載のT様邸に触れてみてください。

勉強になるポイントが盛りだくさん!

今回は特別に2日間だけお借りすることが出来ました。

体感するだけだったら無料ですから、住まいづくりの悩みを解決したい方は、

ぜひこの住まいと私たちスタッフに触れてみてください!おたのしみに(*^▽^*)

では、いつも通り、最後にお約束です!

お約束のないお電話や訪問は一切いたしませんので、安心して見学会にご参加くださいね。

見学も、お客様に自由にご覧いただけるスタイルをとっております。

説明が欲しいな~と思われたら、いつでもお気軽にお声をかけてください!


『奥様の大好きselectが詰まったガルバのかっこいい家』

完成見学会 概要

日 程:10月6日()・7日(

時 間:両日共に 10:00~17:00

場 所:静岡県浜松市東区小池町

連絡先:四季彩 ひだまり工房 高田工務店 053-596-3900

 

案内図①


※キッズルームもご用意しておりますので、安心して見学することができます。

IMG_5907

※当日、見学会場がわからない、道に迷った等、お困りのことがあれば、

携帯(高田:090-1621-4166)まで遠慮なくご連絡下さい。


< 戻る

huki

huki

f_tel

  • f_btn01
  • f_btn02

f_tel

pagetop

fix_btn01

fix_btn02