logo

  • tel
  • insta
  • blog
  • fb

家族を守るための安心構造・性能

四季彩ひだまり工房では、お客様の想い描いたオンリーワンの家の形に“コダワリ”をもって一棟一棟個別に耐震等級3を実施する構造設計。また、適切な断熱施工、風の流れの設計などの提案をさせていただき、施工させていただいております。

text01

私たちは地元地域に密着している住宅会社として、ご家族が安心して健康に笑顔で幸せに暮らせる、ハイセンスでおもとめやすい家を創って、お客様の住まいを末永くサポートしていくことが私たちの使命と考えております。
私たちは「お客様の笑顔のために」を念頭に徹底した工事施工の監理をおこない、お客様へ安心して住める家、長持ちする家をご提供して信頼をいただいております。装備や設備はもちろんのこと、「安心して住める家=しっかりとした基本構造」こそ本当の意味での快適をご提供することに繋がるのではないでしょうか。
四季彩ひだまり工房の考える「信頼」それはすべてのお客様に「快適に暮らしていただけるしっかりとした構造と施工」と考えております。

1.強さ 地震に強い耐震等級3の家

四季彩ひだまり工房では、通常、木造で3階建て以上の建物でしか義務付けされていない構造計算を
平屋でも2階建てでも全棟実施して設計の段階から地震に強い、耐震等級3の家づくりをしております。

ph01_1

ph01-2

・耐震等級について 「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。 建築基準法では、極めてまれに
(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており(震度6強~震度7) この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」と
しています。建物の強さを表す指標として建築基準法の範囲内を「等級1」建築基準法の1.5倍の強さを等級3としています。

※耐震等級3で地震保険の割引し半額を適用するには、第3者機関に審査を依頼し、証明を受け取る必要があるため、別途申請料がかかりますので
ご相談ください。長期優良住宅の場合はそのものが認定されることとなります。

鉄筋量2.5倍、コンクリート量1.25倍の基礎。だから『ひだまり工房』の家は地震に強い!
鉄筋量2.5倍、コンクリート量1.25倍の基礎。だから『ひだまり工房』の家は地震に強い! 基礎は家づくりで最も大切な部分。『四季彩 ひだまり工房』は、鉄筋量を通常の3.5倍に増やした「鉄筋コンクリートベタ基礎」を採用しています。一般的には、直径1cmの太さの鉄筋を30cm間隔で入れるところを、弊社では直径13mmの鉄筋を20cm間隔で入れています。これにより、鉄筋量は通常の約3.5倍、コンクリート量は約1.25倍の強固な基礎となります。また、地形や立地条件から土地を読み、それぞれの現場に適した地盤改良工事も施工いたします。
通常の3倍の強度を誇る剛床構造
通常の3倍の強度を誇る剛床構造 剛床構造とは、2階の床を一体的な構造とすることで、地震時に床全体で耐力を生み出す工法のこと。通常の2倍もある2.8cm厚の構造用下地を敷き詰めることで水平耐力が生まれ、歪みや横揺れにも強くなり、一般的な床組の3倍近い強度が出せるのです。さらに、床鳴りの防止や防音効果を高めることも可能です。
地元の気候に適した天竜材
地元の気候に適した天竜材 日本三代人工林の1つにも挙げられる天竜美林。ヒノキも杉も強度が高く粘りも強いため、構造材に適しています。四季彩ひだまり工房は、厳選した天竜ヒノキを柱、土台のすべてに使用。
無垢の木は伐採されてからも呼吸し続けるため、自然の調湿作用があり、建物も長持ちします。
また、森林浴のような香りの癒し効果と断熱性にもすぐれているので、冬でも素足で過ごせるほど暖かいのです。

2.快適性 冬は暖かく、夏は涼しい性能

羊毛断熱材「ウールブレス」
羊毛断熱材「ウールブレス」 ニュージーランド産の上質な羊毛から生まれた100%自然素材の
断熱材。
羊の毛が持っている能力を最大限に活かしました。湿度の多い夏には湿気を吸い、
空気がカラカラと乾燥した冬は湿気を吐き出して自然調節。
その上、化学物質V.O.C、タバコの煙、花粉までも吸収し、浄化します。
吹付け発泡ウレタン「ecomoco」
吹付け発泡ウレタン「ecomoco」 一般的な断熱材として使われるグラスウールは、ビス等で固定してあるので、劣化してずれ落ちる心配がありますが、「ecomoco」はウレタンフォームを液体のまま吹き付け、建物の形状に合わせて発泡・密着させるので、全く心配ありません。
温度差対策も万全で、結露に負けない健康的な住まいを実現します。
遮熱シートを張ることで高気密・高断熱性能をさらにアップ
遮熱シートを張ることで高気密・高断熱性能をさらにアップ 建物の構造体に巻く透湿性のある防水紙に、遠赤外線を通しにくいアルミを蒸着させたシートを使用します。夏の熱はほとんどが赤外線で、冬も家の中を暖めるのは赤外線なので、遮熱シートを屋根と壁に使うことで外からの熱を反射し、内側は保温性を高めることにつながります。また、構造体内部の断熱材の効果をより高めてくれます。

sp_ph03

熱を逃さないLow-E複層遮熱ガラス+断熱枠サッシを標準採用
熱を逃さないLow-E複層遮熱ガラス+断熱枠サッシを標準採用 建物の構造体に巻く透湿性のある防水紙に、遠赤外線を通しにくいアルミを蒸着させたシートを使用します。夏の熱はほとんどが赤外線で、冬も家の中を暖めるのは赤外線なので、遮熱シートを屋根と壁に使うことで外からの熱を反射し、内側は保温性を高めることにつながります。また、構造体内部の断熱材の効果をより高めてくれます。

3.長持ちする家 耐久性について

換気量2倍で家が長持ちする基礎パッキン工法
換気量2倍で家が長持ちする基礎パッキン工法 基礎パッキンとは、基礎と土台の間に開放面をつくる床下換気工法のこと。基礎の内部に床下換気口を設ける従来の工法と比べて、1.5〜2倍の換気機能があり、床下の全周を風が通り抜けて湿気を徹底排除。基礎に欠けこみを作らないため、地震にも強い基礎換気方法とも言えます。適度な乾燥が床下断熱材の効果を長く保ち、土台の腐れも防ぐため、幾世代にも渡って永く住み継ぐことができます。 湿気とシロアリから家を守るヒノキの土台 湿気に強く、腐りにくい性質を持つ無垢のヒノキ。家の大敵であるシロアリを寄せつけず、ダニの行動も抑制します。そのヒノキを家の構造の要である土台に使用することで、湿気の多い日本の気候風土に合った長持ちする家が完成します。
常に湿気を排出する風の通り道を確保し、強度を維持する
常に湿気を排出する風の通り道を確保し、強度を維持する 屋根の中、壁の中、床下に風が自然に通り抜ける道をつくっています。風が通ることで木が常に空気に触れ、乾燥した状態に保つことができるので、新築時の強度を長く維持することができます。

屋根材と構造体との間
屋根材との間に風の通り道をつくり、小屋裏の結露防止と熱の伝わりを緩和します。

外壁材と構造体との間
外壁材との間に風の通り道をつくり、壁体内の結露を防止します。壁の中での結露を防ぐことで、目には見えない壁の中のカビの発生を防ぎ、住まう人の健康を守ると同時に建物を長持ちさせます。

基礎と土台との間
基礎パッキン工法を採用したことにより、土台と基礎の間に風の通り道が生まれ、常に土台が乾燥した状態に保つことができます。

建物性能評価については申請と建物構造計算が必要となります。図面が決定後構造計算をする為計算後開口部の制限や壁を増やしたりなど、
間取りを変更する場合があります。

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、「長期に渡り良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」のこと。必要な条件としては下記の6つが上げられます。

・耐震性
建築基準法の1.25倍の強度を保ち。地震に強く、倒壊しにくい家。(耐震等級2)
・維持管理・更新の容易性
耐用年数の短い内装について、メンテナンス(リフォームなど)がしやすい家(維持管理等級3)
・省エネルギー性
断熱性能など必要な性能が確保されている家。(断熱等性能等級4)
・耐久性(劣化対策)
建物の構造躯体が世代を超えて住めるしっかりした家。(劣化対策等級3)
・居住環境
景観に配慮された家
・住戸面積
暮らしやすさを保つため、決められた広さを確保した家

ga04

四季彩ひだまり工房は、すべての住宅が長期優良住宅標準仕様

  • maru01
  • maru02
  • maru03
  • maru04

外装について 設備について

huki

huki

f_tel

  • f_btn01
  • f_btn02

f_tel

pagetop

fix_btn01

fix_btn02